緊急時にも安心|クラビットで感染症撃退!女性がなりやすいアレにもすぐ対処
3種の錠剤

緊急時にも安心

複数種のブリスターパック

愛する人と体を重ねる行為…これはとても自然なことです。そのため、性行為を控えたりやめたりする必要はありませんが、子作り目的でないという場合には避妊をする必要があります。
避妊方法で最もポピュラーなのはコンドームです。コンドームというのは男性がペニスに装着するゴム製の袋です。装着することで、膣内に射精したとしても精液が膣内に侵入することはありません。しかし、コンドームを使用して避妊をしたとしても、失敗してしまう事があります。正しく装着できていないばかりに、途中で外れてしまう、破れてしまった…そうすれば、妊娠してしまう可能性が出てきます。

そうした場合に役に立つのがアイピルです。
アイピルというのは別名「緊急避妊薬」です。性行為をした後でも避妊ができるということで、万が一避妊に失敗した場合でも妊娠のリスクを低下させることができます。

ただし、アイピルは性行為をしてから72時間以内に服用しなければ、高い避妊効果は得られません。72時間を過ぎてしまった場合でもある程度の効果は得られますが、妊娠リスクが高まります。よって、できるだけ早めに対処することが大切です。

また、アイピルの副作用として、吐き気が起こると言われています。もちろん、必ず吐き気を感じるわけではありませんし、症状の強さには個人差があります。ただし、副作用の吐き気によって、服用したアイピルを吐き出してしまうこともあります。服用してから3時間以内に嘔吐してしまった場合には、薬の成分が十分に行き渡っていないので再び服用しなければなりません。
副作用が心配…という場合には、アイピルを服用する前に食事をするか、酔い止めを一緒に服用すると症状は軽減されます。

アイピルは緊急避妊薬です。
そのため、毎回性行為をするたびに服用することは避けましょう。とても役に立つお薬ですが、常用すると体調を悪くする恐れがあります。よって、お守り代わりに使用しましょう。